So-net無料ブログ作成
検索選択

12月30日 火曜日 [日記]

先週、一週間冬休みを頂いて
温泉に浸かり
のんびりと過ごしたものの

29日の月曜日、久しぶりに会社へ行ったら
まあ、忙しいこと。

普通の人は
今頃からお休みに入っているだろうに
私は真逆なのね。

月曜日は
かなり遅くまで残業して
帰宅したら
あまりに疲れて
食事、お風呂ですぐ寝てしまった。

そして30日の火曜日も
目が回る忙しさ。

伊勢丹開店と同時に日本酒売り場へ行ったら
すでに地下の食料品売り場は、凄い人。
20分ほど並んで
お年始用のお酒を一升瓶5本買い
カートを借りて、ゴロゴロ転がして帰って来た。

お正月の来客用のお猪口と徳利を洗っておき
午後から
応接室をお正月用に模様替え。

年末打ち上げの乾杯の後
皆に挨拶をして
ようやく帰ってきた。

一年の間でこの二日間が
一番働いたと思うほど、ハードだった。

夕食後
エイトとこたつでのんびり
パソコンをしていると

母が大掃除を始めたので
「ごめんね、手伝えなくて。」と言ったら

「ふん、毎年やらないじゃないの。」と冷たい。

明日なら、やるっていってるのに。
今日は、ムリ!


APC302470.jpg
ままちゃんも
ちろろも

仲良くしてね

APC302478.jpg

エイト、困っちゃう。。
nice!(11)  コメント(14) 

エイト、初めてのペットホテル [わんこ]

人間が箱根に行くので
25日木曜日に
エイトを渋谷の動物病院ルルさんに預けに行った。

いつもならそこの看護士のおねえさんが大好きで
そばにひっついているくせに
その日に限って
私が階段を下りようとすると
さっさと先に下りてしまうエイトを

おねえさんが慌てて抱き上げてくださり

後ろ髪惹かれまくりで
ようやく置いて出てきた。

二泊三日で預けている間に
歯石除去(鎮静剤)もお願いしてあるので
連れて来る日の朝食は抜いてくるように言われていた。

ところが
エイトはいつもの習慣で

朝、私と家を出るなり
お日様の当たる場所に来ると

「ごはん、ちょうだい」と
催促する。

「今日はダメなの。
あげられないの。」と言うと

「?」

小首をかしげて
不思議そうな顔をするのだ。

そんなやりとりを
渋谷に行くまでに
何度か繰り返した後の

この階段一緒に下りちゃうエイトくんがおまけについてきたので

この時点で私はもう旅行をキャンセルしそうになったほど。

でもね
4年ぶりの温泉だしね。

渋谷からJRで新宿に出て
ロマンスカーで箱根湯本まで1時間27分。

登山電車に乗り換えて40数分。

彫刻の森の前で
ADSC_0128.jpg

二泊三日
しっかり温泉につかって

帰りの27日は早めに登山電車に乗って。
ADSC_0145.jpg

箱根湯本からロマンスカーで新宿11時20分着。

いったん家に帰って着替えて
エイトをお迎えに行った。
そのままドッグランへ行けるように支度をした。

ルルさんでは
けっこう楽しく過ごしていた様子で

お礼を言って病院を出て
5歩、歩いたところで

エイト、下痢をした。

それも
ペーパーでは取れないような柔らさ。

あせる飼い主の前で
数歩、進んでは
また、下痢
を3回したので

とりあえず
ルルさんに電話をして聞いたら
病院では普通のうんちだったので
夕食を抜いてください、とのこと。

下痢を3回した後は
落ち着いた様子で

驚いたことに
まっすぐ代々木公園へ向かって歩くエイトにびっくりしながら
後を付いて行った。

そして公園の原宿門に入って
ベンチがあるところまで
私を先導して

「ごはん、ちょうだいな。」
食べる気満々だ。

さっき、先生は「ごはん抜いてください」とおっしゃっていたけど
こんなに欲しがっているのだから

ええい
あげちゃおう。

ひと粒づつ
それはもう美味しそうに食べるの。

そんなに好きだったの?
吉岡油糧のフード。

ま、確かに
「エイト様」、宛にくる
オリジナルフードだもんね。

この後ドッグランへ行き
お友達とも会えて

のんびりできた。

ADSC_0116.jpg

ADSC_0120.jpg

下痢は止まったみたい。
やはり、ストレスなのだと思う。

ドッグランのお友達も
「そうそう。よくあるよね。」とうなずいていたから

大丈夫でしょう。

今まで
旅行のたびに
エイトを預けるところが見つからなくて
いつも私が留守番をしていたが

6月から歯磨きに通っているルルさんなら
安心できると確信した。

だって
エイトはルルの先生が大好きで
自分の番が来るまで
ずっと
「キュウン、キュウン」と甘え鳴きをしているのだ。

昼間はフリーにしてくれるし
病院の看板犬の皆とも仲良しで、よく一緒に遊んでいる。

ホテルによっては
ケージに入れっぱなしの所もあるらしい。

かの有名な港区の動物病院のホテルでは
ケージ入れっぱなしで預かり
真夏、クーラーの冷気が、同じ場所に当たったままで放置され
お迎えに行ったら
ワンコがひどい風邪を引いていた。
一応理由を説明はしてくれたけど
ホテル料金は通常に請求されたそうだ。

今はそうでもないけど
一昔前
しょっちゅうテレビに出ていた。
芸能人がよく行く病院の話だ。

近所のトイプーちゃんも
駅前のペットホテルに預けて
帰ってきたら
マズルまわりの毛がごっそり抜けていた。

閉じ込められっぱなしのケージから
出して欲しい一心で
ずっと柵の間からマズルを出していて、とうとうこすれて傷になってしまったのだ。
それなのに
「当店ではフリーな状態でお預かりしています」と宣伝している。

犬が口が聞けないと思って
何をされるか
わかったものではない。

でも犬の様子を見ていれば
大抵のことは、わかる。

ルルさんを出るとき
エイトはうれしそうに
先生にじゃれ付いていたし
先生の事が大好きなのは間違いない。

また、預ける用事があったら
ルルさんにお願いするつもり。
nice!(20)  コメント(17) 

冬休み中! [わんこ]

今週いっぱい冬休みなので

レオンのおかんさんのブログで紹介してくださった
ジンデインロウへ、ランチ行ってきました。

平日だから空いているかな、と思いきや
恵比寿本店は満員だった。

トイレのすぐそばの二人用に
母と座れたけど。(そこしか空いていなかった)

小龍包3個と坦々麺のセットランチが千円。
ADSC_0111.jpg


小龍包をレンゲにのせて
一口かじると
たちまち広がる美味しいスープ。

ADSC_0112.jpg

ここに黒酢をちょっとかけていただくと

おいしい~。
美味でございますう。

坦々麺はスープにとろみがあって
濃厚な白ゴマとピリ辛がたまらない。

食べた後全然胸焼けがしなかった。

500円でデザートと飲み物が追加できるけど
お腹がいっぱいで
そんな余裕はなく

そそくさと帰りました。

ドアがなかなか開かなくて
順番待ちをしている方が
代わりに開けてくださった。
私よりずっとスマートな女性だったのに。


ADSC_0076.jpg

午前中はエイトと代々木公園へ行き

誰もいないので
帰ってきちゃった。

ADSC_0077.jpg
エイトもおいしいもの
食べたいー。
nice!(16)  コメント(10) 

スマホ デビュー

携帯さえ、メールをやらず
電話だけの利用で頑張っていたものの

ある方から
「メールもしないで、大事なことに気づかないで困るでしょ。」とお叱りを受け、
とうとうスマホ、デビューしたあ。

もっぱら
グーグルの音声検索とラインのみで楽しんでいる。

目が疲れるから、ゲームもしないし、
しばらくの間は
携帯とスマホの二個使いで。

一番よかったのは
写真がとてもきれいに撮れること。

デジカメと全然違うのね。

写真嫌いのエイトを撮るのに
連続でシャッターがきれるから、失敗が少ない。

ADSC_0073.jpg
トリミングの帰り
きれいなお花の前で。

ADSC_0092.jpg
世界一のパテシェ(イデミスギノ)のお店に会社のお使いで買いに行った。
店内撮影禁止だったので
お店の方に断わって撮影した。
ちいさな焼き菓子が16個で、5千円。

警察博物館のすぐそばにあったから
ピーポくんも記念撮影してきた。

ADSC_0095.jpg

右手に持っている青い紙袋がそこのお菓子。
大雨の日だったのに
雨カバーはないのだそう。

このあとメトロに乗って
すごい満員電車に何とか座ったけど
紙袋はヨレヨレになっていた。

接待土産、大丈夫だったかな。


nice!(14)  コメント(11) 

12月2日 火曜日 [わんこ]

気がつけば
12月。

ドッグランは一面
落ち葉のじゅうたん
柴犬のミントちゃんと遊ぶエイト。



なんだか忙しくて
エイトの写真も撮っていなかった。

年賀状、買ってはあるのだけど
一向に始める気配なし。

大丈夫なのか。

ところで
11月30日の日曜日
母から

保険の事で郵便局の人が来るから
私も同席するように言われた。

高齢者だから家族の立会いが必要なのかな、と思っていたら

これがとんでもないことに。

我が家に入るなり
いきなり私の名前宛の「新ながいきくん(おたのしみ型)」の設計書を
かばんから取り出してセールスを始めた。

基本契約1千万円と、なっていた。
そして保険料は年払いで
12月中に、911963円口座から引き落としますと言うのだ。

あの、もしもし
いきなりやってきて
しかも今年中に911963円、払えとは
どういうこと。

第一私は
一言も保険を申し込みたいなんて
言っていない。

そんなお金はありません、と断わっても
しつこく食い下がってくる。

なんとか断わったら
「じゃ、養老保険にしませんか?」

バカこくでね。

私の加入年齢だと保険料を
保険金額より多く支払うことになるのだ。

養老保険は
昔私が30歳の時
一番得だからと言って

3百何十万円が15年後に六百万円になるというので
郵便局に申し込んだら

当時、病気を正直に申告したところ
一ヶ月の審査の末、断わられたのだ。

しかも郵便局に預けておいた
その3百何十万には、利息も付かずにそのまま返金されて

結局私はそのお金を
隣の住友信託へ持って行って
中期国債ファンドを買った。

かなりの利息がついたと記憶している。

ああ
あのお金は、いったいどこへ行ってしまったんでしょう。

・・・・。

A152614.jpg

お金は大事だよ~♪






nice!(22)  コメント(17)